セレッソ大阪、タイの強豪ムアントン所属のベトナム代表GKの獲得見送りへ。練習欠席が続き…

セレッソ大阪、タイの強豪ムアントン所属のベトナム代表GKの獲得見送りへ。練習欠席が続き…
       

 明治安田生命J1リーグのセレッソ大阪はタイの強豪ムアントン・ユナイテッドでプレーしていたベトナム代表GKダン・バン・ラムの獲得を見送るようだ。20日、タイメディア『SMMSPORT』やベトナムメディア『VNEXPRESS』が報じている。

 ロシア系ベトナム人であるダン・バン・ラムは2019年2月にベトナムのハイフォンFCからムアントン・ユナイテッドへ加入。移籍1年目から正守護神に定着すると、2020シーズンはここまでリーグ戦12試合に出場しているが、移籍の可能性が飛び交い始めた12月中旬以降はベンチ外となっている。同選手の去就を巡っては、タイ国内のクラブのみならずロシアや日本のクラブも関心を寄せる中、セレッソ大阪が争奪戦を制したと年明けに現地で報じられていた。

 ところが、ダン・バン・ラム本人は1月上旬から突然ムアントン・ユナイテッドの全体トレーニングに姿を見せなくなると、同選手の代理人が自身のSNSアカウントにおいて金融面で違反があったとして国際サッカー連盟(FIFA)の規定に基づき同クラブとの契約解除を行ったことを発表。これに対してムアントン・ユナイテッド側が反発し、トレーニング欠席が続く場合には罰金処分を科す構えを見せている。そして、この選手サイドがクラブ側との間に問題を抱えた一連の流れを踏まえてセレッソ大阪首脳陣はダン・バン・ラムの獲得を見送る方針を打ち出したようだ。

 なお、セレッソ大阪は今季AFCチャンピオンズリーグのプレーオフ出場権を獲得しており、例年より過密日程になる可能性が極めて高い。長らく正守護神を務めているGKキム・ジンヒョンのバックアッパーも必要であるだけにダン・バン・ラムの獲得見送りにより編成面での見直しを迫られるかもしれない。

 

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「セレッソ大阪」に関する記事

「セレッソ大阪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「セレッソ大阪」の記事

次に読みたい「セレッソ大阪」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月21日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. セレッソ大阪 ジュニアユース
  2. セレッソ大阪 山口蛍
  3. セレッソ大阪 杉本健勇

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。