欧州サッカーとアメリカサッカーどう違う?基本環境まとめ

欧州サッカーとアメリカサッカーどう違う?基本環境まとめ
拡大する(全5枚)

欧州サッカーは、アメリカのサッカーと比べてとても複雑だ。

まず欧州連合(EU)加盟国だけを見ても、27カ国もの異なる国がそれぞれにサッカー協会、複数のリーグを持っている。それらの頂点を決める国際大会も開催され、それを運営する欧州サッカー連盟(UEFA)の加盟国は現在55カ国にも上る。

ところで、アメリカでは「サッカー」、欧州では「フットボール」と呼ばれる違いもある。

欧州の国内サッカーリーグ

欧州でサッカーは、地域に根付いたスポーツだ。地元のクラブを熱狂的に愛するファンが多い。例えばリバプールに暮らしながら、他地域のマンチェスター・ユナイテッドやアーセナルを応援するのは余程の勇気がいることである。

欧州サッカーとアメリカサッカーどう違う?基本環境まとめ

では欧州の主要3カ国の国内リーグについて見てみよう。

イギリスのサッカーリーグ

イギリスではイングランドとスコットランドが異なるリーグを持つ。

イングランドには、プレミアリーグ(1部)、EFLチャンピオンシップ(2部)、EFLリーグ1(3部)、EFLリーグ2(4部)のプロリーグがあり、アマチュアレベルの地方リーグも無数にある。

スコットランドにも、スコティッシュ・プレミアシップ(1部)、チャンピオンシップ(2部)、リーグ1(3部)、リーグ2(4部)の独自のリーグがある。

イングランド、スコットランド共に、毎シーズン終了後に昇格・降格を決めるプレーオフが行われる。

スペインのサッカーリーグ

スペインのサッカーは2020年まで4つのリーグに分けられていたが、今年からリーグが1つ増え、下記5つの構成になる予定だ。


この記事の画像

「欧州サッカーとアメリカサッカーどう違う?基本環境まとめ」の画像1 「欧州サッカーとアメリカサッカーどう違う?基本環境まとめ」の画像2 「欧州サッカーとアメリカサッカーどう違う?基本環境まとめ」の画像3 「欧州サッカーとアメリカサッカーどう違う?基本環境まとめ」の画像4
「欧州サッカーとアメリカサッカーどう違う?基本環境まとめ」の画像5

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月23日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。