ライプツィヒ、リバプールに2億円の支払い…アンフィールドでのセカンドレグを開催できず

ライプツィヒ、リバプールに2億円の支払い…アンフィールドでのセカンドレグを開催できず
拡大する(全1枚)

 ライプツィヒはリバプールに対して補償金として130万ポンド(約2億円)の支払いを行うことになるようだ。8日、独紙『Sport Bild』が報じている。

 ライプツィヒは10日、チャンピオンズリーグ・ベスト16リバプールとのセカンドレグを控えている。リバプールの本拠地であるアンフィールド予定されていたこの一戦だが、ハンガリーのプスカシュ・アレーナでの中立開催へと変更になるようだ。

 ライプツィヒは新型コロナウイルス感染症予防対策に従い、イングランドへと入国した場合、帰国後に2週間の自主隔離を余儀なくされる。そのため、ハンガリーでの中立開催に変更されるようだ。

 同紙によると、ライプツィヒはUEFAに対して2億円の支払いを行う模様。その後、UEFAはリバプールに対して予定されていたホームゲームが中立開催となることに対しての補償金として2億円の支払いを行うことになるようだ。

 ライプツィヒのホーム扱いとなったファーストレグに続き、プスカシュ・アレーナでの一戦となるセカンドレグ。はたしてリバプールがこのまま逃げ切るのだろうか。それともライプツィヒが意地を見せることになるのだろうか。

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月8日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。