名古屋グランパス、フィッカデンティ監督が新型コロナ陽性に…川崎フロンターレ戦で不在

名古屋グランパス、フィッカデンティ監督が新型コロナ陽性に…川崎フロンターレ戦で不在
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J1リーグの名古屋グランパスは30日、昨日に開催されたJ1リーグ第22節・川崎フロンターレ戦でベンチ入りしなかったマッシモ・フィッカデンティ監督が新型コロナウイルス陽性と判定されたことを公式発表している。

 フィッカデンティ監督は川崎フロンターレ戦当日に喉に痛みを訴えたことから、試合前に選手やクラブ関係者を対象としたオンサイト検査を実施。同監督はこの検査の結果が保留となったため、このホームゲームでベンチ入りすることができなかった。

 名古屋グランパスはフィッカデンティ監督が昨日にPCR検査を受けた結果、新型コロナウイルス陽性と判定されたことを発表。依然として喉の痛みを抱えているが、発熱の症状はなく現在は自宅で静養している。

 なお、名古屋グランパスは29日に行われた川崎フロンターレ戦で0-4と大敗を喫しているが、5月4日には敵地で川崎フロンターレとのリターンマッチを控えている。しかし、今回の陽性判定により名古屋グランパスはフィッカデンティ監督不在のもとで昨季J1リーグ覇者との一戦に臨むことが濃厚となった。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「名古屋グランパス」に関する記事

「名古屋グランパス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「名古屋グランパス」の記事

次に読みたい「名古屋グランパス」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク