タイトルを争うガンバ大阪時代の葛藤、大舞台の裏側。寺田紳一インタビュー【前編】

タイトルを争うガンバ大阪時代の葛藤、大舞台の裏側。寺田紳一インタビュー【前編】
拡大する(全5枚)

ガンバ大阪の下部組織出身の技巧派MF寺田紳一選手に独占インタビュー。

2004年にトップチームへ昇格しプロサッカー選手としてのキャリアを歩み始めた寺田は、J1デビューを果たしたG大阪を経て、J2時代の横浜FCと栃木SCでプレー。Jリーグ通算311試合(J1:71試合、J2:240試合)に出場し、現在は関西1部リーグのおこしやす京都ACでプレーしている。(取材・文:新垣 博之)

タイトルを争うガンバ大阪時代の葛藤、大舞台の裏側。寺田紳一インタビュー【前編】

本田圭佑、東口順昭、家長昭博ら有するジュニアユース時代

寺田はG大阪の本拠地がある茨木市出身の“地元っ子”。中学年代に相当するジュニアユース時代にはキャプテンも務めた。

当時のチームメイトには同期に丹羽大輝(セスタオ・リベル・クルブ/スペイン)、1つ下にはMF家長昭博(川崎フロンターレ)MF本田圭佑(ネフチ・バク―/アゼルバイジャン)GK東口順昭(G大阪)、2つ下にDF安田理大ジェフユナイテッド千葉)など、日本代表に招集されるような個性的“過ぎる”錚々たるメンバーが揃っていた。

「みんなサッカーに対して真面目だったので大変な感じはしなかったですよ。

(本田圭佑選手は?)僕は“チン”って呼ばれていて、彼は“ゴリ”って呼ばれていたんです。当時の彼はAチームには上がっていなかったのですが、『ゴリ』って呼ぶと『チンくん、チンくん』って、先輩にくっついて来る可愛らしい後輩でした。上手い先輩にくっついて学ぼうとしていたような節は当時からありました。


この記事の画像

「タイトルを争うガンバ大阪時代の葛藤、大舞台の裏側。寺田紳一インタビュー【前編】」の画像1 「タイトルを争うガンバ大阪時代の葛藤、大舞台の裏側。寺田紳一インタビュー【前編】」の画像2 「タイトルを争うガンバ大阪時代の葛藤、大舞台の裏側。寺田紳一インタビュー【前編】」の画像3 「タイトルを争うガンバ大阪時代の葛藤、大舞台の裏側。寺田紳一インタビュー【前編】」の画像4
「タイトルを争うガンバ大阪時代の葛藤、大舞台の裏側。寺田紳一インタビュー【前編】」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ガンバ大阪」に関する記事

「ガンバ大阪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク