欧州CL“3連覇”のドイツ人監督。クロップ、フリック、トゥヘル。イングランド人は?

欧州CL“3連覇”のドイツ人監督。クロップ、フリック、トゥヘル。イングランド人は?
拡大する(全5枚)

5月30日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝は、2年ぶりのイングランド勢対決となった。今季のプレミアリーグを4位で終えていたチェルシーが、同リーグ王者のマンチェスター・シティを1-0で下し、2011/12シーズン以来9年ぶりの欧州王者の栄冠を勝ち取った。

チェルシーの指揮官であるドイツ人のトーマス・トゥヘル監督は、昨季フランスのパリ・サンジェルマン(PSG)を率いてCL決勝で敗れており、雪辱を果たした格好だ。

振り返れば、2018/19シーズンにリバプールを優勝に導いたユルゲン・クロップ監督に始まり、昨季のハンジ・フリック監督(当時バイエルン・ミュンヘン、EURO後にドイツ代表監督就任)、今季のトゥヘル監督と、ドイツ人指揮官による“3連覇”となった。

ちなみに、昨季のCLベスト4にはフリック監督とトゥヘル監督以外にもユリアン・ナーゲルスマン監督(来季よりバイエルン監督就任)のRBライプツィヒが進出しており、ドイツ人監督の手腕が欧州レベルで際立つ。

4人ともタイプは異なる。しかし、1つの戦術に拘るのではなく攻撃ではポゼッションとカウンターを使い分け、守備でも前線からのプレッシングと自陣に引くリトリートを使い分けられる。攻撃から守備への切り替え、守備から攻撃への切り替えなどトランジションに最も力を発揮できる点が共通しており、どんな局面でも柔軟に戦えるチームへと発展させられる現代的な監督たちだ。


この記事の画像

「欧州CL“3連覇”のドイツ人監督。クロップ、フリック、トゥヘル。イングランド人は?」の画像1 「欧州CL“3連覇”のドイツ人監督。クロップ、フリック、トゥヘル。イングランド人は?」の画像2 「欧州CL“3連覇”のドイツ人監督。クロップ、フリック、トゥヘル。イングランド人は?」の画像3 「欧州CL“3連覇”のドイツ人監督。クロップ、フリック、トゥヘル。イングランド人は?」の画像4
「欧州CL“3連覇”のドイツ人監督。クロップ、フリック、トゥヘル。イングランド人は?」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク