大谷翔平に負けていない!サッカー界にもいる“リアル二刀流”10選

大谷翔平に負けていない!サッカー界にもいる“リアル二刀流”10選
拡大する(全11枚)

アメリカ、メジャーリーグベースボール(MLB)のロサンゼルス・エンゼルスに所属する“リアル二刀流”大谷翔平が絶好調だ!現時点で打者として16本塁打を放ち、MLBアメリカンリーグで2位となっているが、一時はMLB単独トップで“ホームランキング”の座にも立った。

現地時間4月26日に投手として先発する際は、往年の名手ベーブ・ルース以来の「本塁打トップの選手が投手として先発」する100年ぶりの記録を樹立。しかも、その日、大谷は約3年(1072日)ぶりに勝利投手となった。

同6月4日には先発投手としての勝利投手となり、翌日には打者として16号ホームランを放つ。今年の大谷は「2番・指名打者」で打者として先発もすれば、投手として先発した際も「2番・投手」で投打同時出場。先発投手で「降板」した後に、そのまま右翼(ライト)の守備にまわることもあるほどだ。

投手としては時速160kmを越える速球を投げ続けて三振を奪いまくり、打者としては本塁打王を争いリーグ6位の42打点も記録。盗塁もチームトップの7つ(リーグ11位)を記録するなど、まさに“リアル二刀流”を謳歌している。

リアル二刀流は、一部の野球評論家やファンから「記録に残らない」「負担が大きく怪我が頻発している」などの理由で、批判される対象にもなってきた。是非は個々の趣味趣向だと思うが、日米共通して「高校までは投手」と二刀流だった多くの選手が、プロフェッショナルな舞台では「できない」と捉えて二刀流を諦めていく。それだけに野球界で二刀流をここまで具現する大谷翔平は、それを目指す若者たちにも憧れの対象である。


この記事の画像

「大谷翔平に負けていない!サッカー界にもいる“リアル二刀流”10選」の画像1 「大谷翔平に負けていない!サッカー界にもいる“リアル二刀流”10選」の画像2 「大谷翔平に負けていない!サッカー界にもいる“リアル二刀流”10選」の画像3 「大谷翔平に負けていない!サッカー界にもいる“リアル二刀流”10選」の画像4
「大谷翔平に負けていない!サッカー界にもいる“リアル二刀流”10選」の画像5 「大谷翔平に負けていない!サッカー界にもいる“リアル二刀流”10選」の画像6 「大谷翔平に負けていない!サッカー界にもいる“リアル二刀流”10選」の画像7 「大谷翔平に負けていない!サッカー界にもいる“リアル二刀流”10選」の画像8
「大谷翔平に負けていない!サッカー界にもいる“リアル二刀流”10選」の画像9 「大谷翔平に負けていない!サッカー界にもいる“リアル二刀流”10選」の画像10 「大谷翔平に負けていない!サッカー界にもいる“リアル二刀流”10選」の画像11
編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク