ジュビロ磐田を7戦連続完封勝利に導いた、伊藤洋輝と遠藤保仁の相乗効果

ジュビロ磐田を7戦連続完封勝利に導いた、伊藤洋輝と遠藤保仁の相乗効果
拡大する(全4枚)

明治安田生命J2リーグ第20節、ジュビロ磐田は敵地でのV・ファーレン長崎戦で、東京五輪世代のエース候補と期待された途中出場のFW小川航基が今季初ゴールを挙げて1-0の勝利。首位の京都サンガと同勝点で並んでの2位をキープした。

磐田はここまでの20試合で14勝2分4敗の勝点44、32得点19失点。しかし、勝点34で5位の町田ゼルビアと、同勝点の6位ヴァンフォーレ甲府は31得点19失点。勝点では10の大差があるが、得失点は僅かに1得点の差しかない。町田と甲府が共に先週末の第20節で大勝を収めたからこその数字なのだが、サッカーとは不思議なスポーツであることを証明している。

そんな中、磐田は現在7試合連続での完封勝利を継続中である。この連勝街道が始まる第13節終了時点では、7勝2分4敗の勝点23で首位と勝点10も離れた4位。23得点19失点という結果も、J2とは思えない巨大戦力を抱えるチームにしては実に凡庸な数字だった。

ジュビロ磐田を7戦連続完封勝利に導いた、伊藤洋輝と遠藤保仁の相乗効果

世界屈指の敏腕SDに認められた大器伊藤洋輝

6月23日、磐田はMF伊藤洋輝が今夏からドイツ・ブンデスリーガのシュトゥットガルトへ買い取りオプション付きでレンタル移籍することを発表した。現在22歳の伊藤は磐田の下部組織出身。188cm81kgの大型MFでありながら、昨季からDFとして定位置を確保し、現在は主に3バックの左センターバック(CB)としてプレー。左利きでビルドアップ能力が高く、希少価値の高いプレーぶりが光っていた。


この記事の画像

「ジュビロ磐田を7戦連続完封勝利に導いた、伊藤洋輝と遠藤保仁の相乗効果」の画像1 「ジュビロ磐田を7戦連続完封勝利に導いた、伊藤洋輝と遠藤保仁の相乗効果」の画像2 「ジュビロ磐田を7戦連続完封勝利に導いた、伊藤洋輝と遠藤保仁の相乗効果」の画像3 「ジュビロ磐田を7戦連続完封勝利に導いた、伊藤洋輝と遠藤保仁の相乗効果」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ジュビロ磐田」に関する記事

「ジュビロ磐田」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジュビロ磐田」の記事

次に読みたい「ジュビロ磐田」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク