ヴィッセル神戸のベルギー代表DFフェルマーレンがJリーグにいる幸せ

ヴィッセル神戸のベルギー代表DFフェルマーレンがJリーグにいる幸せ
拡大する(全3枚)

欧州全土の11都市で開催されている「UEFA EURO 2020サッカー欧州選⼿権(ユーロ2020)」では、ベスト8が出揃い準々決勝が始まった。ラウンド16では前回大会の覇者ポルトガル、2018年のロシアW杯を制して今大会の優勝候補筆頭であった現世界王者のフランスが共に敗退するなど、何度も番狂わせが起きた。いや、番狂わせではなく、ユーロという大会のレベルの高さを日々感じさせられている、と言った方が適切だ。

そんなハイレベルな大会の準々決勝に挑んでいる選手たちの中に、現在Jリーグでプレーしている選手が1人いる。明治安田生命J1リーグに所属するヴィッセル神戸のベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンだ。ちなみにJクラブに所属する選手がユーロに出場するのは2000年大会に旧ユーゴスラビア代表の主将としてプレーしたドラガン・ストイコビッチ(当時名古屋グランパスエイト所属)以来21年ぶりである。

ベルギーはW杯やユーロでの優勝経験こそないが、ロシアW杯では日本に劇的な大逆転で競り勝つなど3位へ大躍進。大会直後の2018年9月からはFIFA(国際サッカー連盟)が毎月発表する世界ランキングでトップを守り続けている今大会の優勝候補国である。

その中で現在35歳のフェルマーレンはここまで全5試合に出場。グループステージの初戦と第2戦は終盤の途中出場だったが、フィンランドとの第3戦から先発起用されている。現地時間6月27日に行われたラウンド16のポルトガル戦でも3バックの中央でフル出場。相手国の絶対的エースであるクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)を封じ、見事に1-0の完封勝利で準々決勝進出に大きく貢献。そんな殊勲の活躍でポルトガルに勝利した直後、「Jリーグを過小評価してはいけない」と現地メディアに対して語る姿に我々日本のサッカーファンは胸を熱くした。


この記事の画像

「ヴィッセル神戸のベルギー代表DFフェルマーレンがJリーグにいる幸せ」の画像1 「ヴィッセル神戸のベルギー代表DFフェルマーレンがJリーグにいる幸せ」の画像2 「ヴィッセル神戸のベルギー代表DFフェルマーレンがJリーグにいる幸せ」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ヴィッセル神戸」に関する記事

「ヴィッセル神戸」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ヴィッセル神戸」の記事

次に読みたい「ヴィッセル神戸」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク