ガンバ大阪、近年の低迷や監督交代の是非は?4つのポイントで検証する再建計画

ガンバ大阪、近年の低迷や監督交代の是非は?4つのポイントで検証する再建計画
拡大する(全6枚)

5月14日、ガンバ大阪はクラブにとってのレジェンドである宮本恒靖監督の解任を発表した。解任時点での明治安田生命J1リーグでの成績は、10試合で1勝4分5敗と僅か3得点に終わっていたため、監督交代は妥当な結果だろう。

あれから1カ月以上が過ぎ、チームは「暫定監督」から正式に「監督」となった“ミスターガンバ”松波正信氏の指揮のもと、直近の国内での公式戦4試合を3勝1分無敗と持ち直した。

現在、G大阪はタイとウズベキスタンで集中開催されているAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージに参戦している。果たして、G大阪は本当に復調したのか?監督交代前後で変化した部分や、今後も改善すべきポイントに絞って検証してみたい。

ガンバ大阪、近年の低迷や監督交代の是非は?4つのポイントで検証する再建計画

1)4バックへの固執から3バック化で奏功

宮本前監督の解任直後、今季のチームが低迷している理由を様々なメディアが取り上げていた。しかし、しっくり来ないことが多かった。特に「攻撃的な[4-3-3]にトライすると言いながら従来の守備的な[4-4-2]に戻るなど、採用するシステムが定まらなかった 」という指摘だ。

一般的な[4-3-3]のフォーメーションは、両サイドに突破力や得点力があるアタッカーを置くため、確かに攻撃的な並びだろう。しかし[4-3-3]で戦う場合は通常、守備時には両ウイングが引いて中盤の両サイドのスペースを埋め、インサイドMFの2人のうちのどちらかがセンターフォワードと2人で前線からのプレス要員となる[4-4-2]の陣形になる。


この記事の画像

「ガンバ大阪、近年の低迷や監督交代の是非は?4つのポイントで検証する再建計画」の画像1 「ガンバ大阪、近年の低迷や監督交代の是非は?4つのポイントで検証する再建計画」の画像2 「ガンバ大阪、近年の低迷や監督交代の是非は?4つのポイントで検証する再建計画」の画像3 「ガンバ大阪、近年の低迷や監督交代の是非は?4つのポイントで検証する再建計画」の画像4
「ガンバ大阪、近年の低迷や監督交代の是非は?4つのポイントで検証する再建計画」の画像5 「ガンバ大阪、近年の低迷や監督交代の是非は?4つのポイントで検証する再建計画」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ガンバ大阪」に関する記事

「ガンバ大阪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク