澤穂希らレジェンドからの厳しい指摘は誰に向けたもの?なでしこジャパン「決断の時」

澤穂希らレジェンドからの厳しい指摘は誰に向けたもの?なでしこジャパン「決断の時」
拡大する(全4枚)

女子サッカー界のレジェンドである澤穂希氏、安藤梢氏、宇津木瑠美氏など、かつて女子日本代表のユニフォームを着て戦って来た先輩たちから、なでしこジャパンに厳しい指摘が投げかけられている。なでしこジャパン(サッカー女子日本代表)は開催中の東京オリンピック(東京五輪)で未だ1分1敗。勝利が挙げられていない。

7月24日に行われた予選リーグ(グループステージ)第2節、日本対イギリス戦。イギリスは五輪には英国4協会が統合された「チーム・グレートブリテン」として参戦しているが、招集メンバー22人のうち19人はFIFAランキング6位のイングランドである(他スコットランド2人、ウェールズ1人)。

日本にとってイングランドは、2011年のドイツW杯優勝時にも0-2で敗戦を喫した天敵だ。特にそのドイツW杯と2019年のフランスW杯、2つの世界大会で計3ゴールを挙げたFWエレン・ホワイトは天敵中の天敵だった。それだけに、同試合でも警戒していたエースFWに一瞬の隙を突かれて決勝点を許し0-1と敗れた後輩たちに、レジェンドたちは厳しいメッセージを向けている。

澤穂希らレジェンドからの厳しい指摘は誰に向けたもの?なでしこジャパン「決断の時」

岩渕が捨身で奪った勝点1を大事に

東京五輪初戦、FIFAランキング10位の日本は同8位のカナダと対戦して先制され、1-1と引き分けた。第2戦は同6位のイギリスに0-1と惜敗。悔しいが、冷静に考えると日本は順当に負けた。

ただ、日本は格上の“ほぼイングランド”を相手に、カナダ戦から先発メンバーを5人替え、前半は攻守にアグレッシブなプレーを見せた。2011年と2019年のW杯の試合よりも善戦し、互角に渡り合っていた。2015年のカナダW杯準決勝における試合終了間際の相手オウンゴールによる事故のような勝利よりも良かったかもしれない。


この記事の画像

「澤穂希らレジェンドからの厳しい指摘は誰に向けたもの?なでしこジャパン「決断の時」」の画像1 「澤穂希らレジェンドからの厳しい指摘は誰に向けたもの?なでしこジャパン「決断の時」」の画像2 「澤穂希らレジェンドからの厳しい指摘は誰に向けたもの?なでしこジャパン「決断の時」」の画像3 「澤穂希らレジェンドからの厳しい指摘は誰に向けたもの?なでしこジャパン「決断の時」」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

澤穂希のプロフィールを見る
FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「澤穂希」に関する記事

「澤穂希」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「澤穂希」の記事

次に読みたい「澤穂希」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク