「10年前のW杯優勝は…」なでしこジャパンの東京五輪8強敗退に近賀ゆかりが危機感

「10年前のW杯優勝は…」なでしこジャパンの東京五輪8強敗退に近賀ゆかりが危機感
拡大する(全1枚)

 東京五輪が開催される中、なでしこジャパン(日本女子代表)は先月30日に準々決勝・スウェーデン戦に臨んだものの、1-3で敗戦して大会を後にしている。このベスト8での敗退は周囲で議論の対象となっているが、サンフレッチェ広島レジーナに所属する元なでしこジャパンのDF近賀ゆかりがSNS上に残したコメントが大きな話題を呼んでいる。

 なでしこジャパンは高倉麻子監督のもとで東京五輪女子サッカー競技に臨んだが、グループステージ第1節・カナダ戦をドローで終えると、第2節・イギリス戦では0-1と敗戦。グループステージ敗退の危機に直面したが、最終節・チリ戦で1-0と勝利して準々決勝進出を決めていた。

 しかし、準々決勝・スウェーデン戦では先制ゴールを献上した後、23分にFW田中美南が同点弾。しかし、後半に2失点を喫すると、試合はそのまま1-3で終了。なでしこジャパンはベスト8で姿を消している。

 その中、かつて2011年の女子ワールドカップの優勝メンバーのひとりである近賀ゆかりがSNSを更新。今大会でのなでしこジャパンについて「なでしこジャパンのみなさん、東京オリンピック2020お疲れ様でした。ベスト8敗退という結果に対して選手それぞれの気持ちがあると思います。それと同時に応援して頂いた方々、スポンサーの皆様、関係者などたくさんの方々の意見や気持ちがあると思います」

 「その中には良いものもあれば、厳しい意見があるのは当然のことです。チームが強くなる為には、個の成長が必ず必要だと思います、それと共にチームとしてグループとして成長もないと本当の意味で強くて勝てるチームにはなれないのではないかと思いました」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「なでしこジャパン」に関する記事

「なでしこジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク