レスターMF獲得難航のアーセナル、ユナイテッド復帰の英代表MFもリストアップか
拡大する(全1枚)

アーセナルがマンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表MFジェシー・リンガードに関心を寄せているようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が報じた。

今夏にイングランド代表DFベン・ホワイトやベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガを獲得するなど、大型補強を敢行しているアーセナル。次なるターゲットにレスター・シティに所属するイングランド代表MFジェームズ・マディソンを見据えているものの、クラブ間での交渉は思うように進展していない状況だ。

マディソン獲得失敗に備えて、今夏にレアル・マドリードへ復帰したノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールの状況を注視していると報じられるなか、アーセナルはリンガードにも関心を示しているという。だが、ユナイテッドを指揮するオーレ・グンナー・スールシャール監督はリンガードについて「構想に入っている」とコメントするなど、今夏の残留を示唆するコメントを残していた。

 今年1月にユナイテッドからレンタルでウェストハム・ユナイテッドに活躍の場を移したリンガード。出場機会を手にすると、プレミアリーグ16試合の出場で9ゴール5アシストの成績を収め、4月には月間最優秀賞を受賞するなど息を吹き返していたが、プレミアリーグのライバルクラブに移籍することはあるのだろうか。