J3岐阜、川西翔太インタビュー【後編】古巣ガンバ大阪との対戦を目指して

J3岐阜、川西翔太インタビュー【後編】古巣ガンバ大阪との対戦を目指して
拡大する(全5枚)

明治安田生命J3リーグで、現在得点ランキングトップの9ゴールを挙げているFC岐阜FW川西翔太のインタビュー。2011年にガンバ大阪でプロデビューした川西は、モンテディオ山形、大分トリニータを経て、2019年に岐阜に加入。J3降格を経験するも、昨季はプロ入り後初の全試合出場と2桁得点を記録。攻撃だけでなく最前線からの守備でもチームを牽引する存在だ。

岐阜のチームとしての現在地や自身の得点量産の理由に迫ったインタビュー前編に続き、この後編では、学生時代に培ってきたことから、プロ入り後に出会った名将たちや周囲の選手たちとの関係までを伺い、川西の成長過程を紐解いていく。

関連記事:J3岐阜、川西翔太インタビュー【前編】得点ランク首位につける理由とは

プロとして生きていく術を掴むまで

奈良県生まれの川西は、小学校3年生から地元の奈良FCへ加入。本格的にサッカーを始め、当時はセンターバックとしてプレーした。FWとしてプロの世界へ歩みを進めて以降の川西は、ボランチやサイドMF、トップ下などでもプレーしてきたが、小学生にしてすでにオールラウンドな選手だったようだ。

中学生時代の奈良FC(小学生時代の奈良FCとは同じ系列クラブであるが全く異なるチーム)では、平日はコーチ不在の中、自分達だけで練習をした。全国とは無縁だったが、自由な環境の中で運命的な出会いもあった。

「中学1年生の時は毎日ゲームばっかりしていましたが、真面目な先輩も多く、中学2年生になるとドリブル練習を長く取った基礎をやってからのゲームになりました。中学3年生になって県トレセン(トレーニングセンター召集メンバー)に選ばれて、関西トレセン、ナショナルトレセンにまで行くようになりました。まずその時に(G大阪下部組織の)匠や秋、将生、ヨコ、ミチくん達(※1)と出会っています。本当に凄い人達とその段階で顔を合わせられたのが大きな刺激になりましたね」


この記事の画像

「J3岐阜、川西翔太インタビュー【後編】古巣ガンバ大阪との対戦を目指して」の画像1 「J3岐阜、川西翔太インタビュー【後編】古巣ガンバ大阪との対戦を目指して」の画像2 「J3岐阜、川西翔太インタビュー【後編】古巣ガンバ大阪との対戦を目指して」の画像3 「J3岐阜、川西翔太インタビュー【後編】古巣ガンバ大阪との対戦を目指して」の画像4
「J3岐阜、川西翔太インタビュー【後編】古巣ガンバ大阪との対戦を目指して」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ガンバ大阪」に関する記事

「ガンバ大阪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク