マルセイユ、元ガンバ大阪FWへの関心継続?今夏獲得失敗も冬に再挑戦か

マルセイユ、元ガンバ大阪FWへの関心継続?今夏獲得失敗も冬に再挑戦か
拡大する(全1枚)

 オリンピック・マルセイユがボルドーに所属するフランス代表FWファン・ウィジョ(29)への関心を継続させているようだ。フランス『レキップ』が報じた。

 今夏に攻撃強化の一手として、ファン・ウィジョの獲得を目指したマルセイユ。今夏の移籍市場終盤に移籍金600万ユーロ(約7億7000万円)の正式オファーを提示していたというが、ボルドー側の要求額である移籍金1200万ユーロ(約15億4000万円)の条件を提示できなかったため、獲得は失敗に終わっていた。

 しかし、マルセイユを指揮するホルヘ・サンパオリ監督が希望するストライカー像のプロフィールに当てはまっていることから今冬にも韓国代表FWの獲得に動く可能性があるようだ。なお、マルセイユでは昨季のリーグ・アン15試合に出場して9ゴールを記録したポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクの負傷欠場が続いており、ストライカーの獲得を希望しているとみられている。

 ファン・ウィジョは2019年夏にガンバ大阪からボルドーへ完全移籍。昨季は公式戦37試合に出場して12ゴール3アシストの好成績を収めると、今季はここまでの公式戦5試合に出場すると2ゴールをマークしている。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ガンバ大阪」に関する記事

「ガンバ大阪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク