久保建英の途中交代は「ひざの負傷」と指揮官明かす。レアル戦で唯一のゴール演出も…

久保建英の途中交代は「ひざの負傷」と指揮官明かす。レアル戦で唯一のゴール演出も…
拡大する(全1枚)

 RCDマヨルカに所属する日本代表MF久保建英(20)は、22日開催のラ・リーガ第6節・レアル・マドリード戦で先発出場したものの、ハーフタイムでの交代を余儀なくされている。RCDマヨルカを率いるルイス・ガルシア監督はハーフタイムにおける同選手とのやり取りについて明かした。

 久保建英は東京五輪男子サッカー競技の全日程終了直後にマヨルカへ1年レンタルにより加入。今季はここまでリーグ戦4試合で先発出場するなど、攻撃陣の中心選手としてガルシア監督から確かな信頼を寄せられている。その中、同選手は22日に迎えたレアル・マドリードとの直接対決でも先発出場。0-2で迎えた25分に韓国人MFイ・ガンイン(20)のゴールを演出していただけに、ハーフタイムで交代したことに対して、周囲からは指揮官の采配を疑問視する声が上がっていた。

 しかし、ガルシア監督は試合後のメディアインタビューで久保建英について問われると「クボの評価はチーム全体と一緒だ。彼だけでなく、全員が良くなかった。私はクボを交代させようと思っていたが、その時に『ひざが痛い』と言われた。彼は日曜日の試合からつづけて先発出場していただけに、疲れがたまっていたのだろう」とコメント。膝に問題を抱えたという申し出があったことを明かした。

 なお、マヨルカは1-3で前半を折り返すと、後半にも3失点を喫して1-6というスコア大敗。第6節終了時点で2勝2分2敗となっており、10位につけている。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

久保建英のプロフィールを見る
FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「久保建英」に関する記事

「久保建英」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「久保建英」の記事

次に読みたい「久保建英」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク