浦和リカルド監督が語るJリーグの魅力とは!?移籍市場に与える影響にも言及

浦和リカルド監督が語るJリーグの魅力とは!?移籍市場に与える影響にも言及
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J1リーグ浦和レッズを率いるリカルド・ロドリゲス監督は、母国スペイン紙『マルカ』の連載コラムでJリーグに関する情報を発信しているが、欧州クラブでプレーしている選手たちにとってJリーグがより魅力的な市場になるという考えを示した。

 浦和レッズは今年3月にエリテセリエン(ノルウェー1部)のFKボデ/グリムトからユンカーを獲得しているほか、今夏の移籍ウィンドウでは、スーペルリーガ(デンマーク1部)のミッティランから元デンマーク代表CBアレクサンダー・ショルツ(28)を完全移籍により獲得。

 さらに、リーグアン(フランス1部)のオリンピック・マルセイユから日本代表DF酒井宏樹(31)を獲得すると、移籍ウィンドウ閉鎖直前の先月12日にはノルウェー1部のスターベクIFを退団していたFW木下康介(26)の獲得も発表するなど、大型補強を展開している。

 一方、今夏の移籍ウィンドウでは、ヴィッセル神戸が日本代表FW大迫勇也(31)とFW武藤嘉紀(29)、元スペイン代表FWボージャン・クルキッチ(31)を獲得しているほか、FC東京には日本代表DF長友佑都(35)が復帰。さらには、ラ・リーガのエイバルを退団していたMF乾貴士(33)がセレッソ大阪の復帰するなど、欧州でプレーしていた選手たちがJリーグクラブに加わるケースが相次いだ。

 このJリーグ全体の流れについてリカルド・ロドリゲス監督は「Jリーグ(の移籍市場)全体にとって非常に興味深いことがありました。ヴィッセル神戸はボージャン・クルキッチを獲得しましたし、セリエAでプレーしていた長友佑都はFC東京に来ました。乾貴士もエイバルでプレーした後、セレッソ大阪に戻ってきましたね」とコメント。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「浦和レッズ」に関する記事

「浦和レッズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「浦和レッズ」の記事

次に読みたい「浦和レッズ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク