アビスパ福岡、悲願のJ1残留とその要因

アビスパ福岡、悲願のJ1残留とその要因
拡大する(全5枚)

明治安田生命J1リーグ2021シーズン、第32節の結果をもってアビスパ福岡が残留を決めた。開幕前には解説者などから軒並み降格圏に予想されていたチームが、だ。それを覆したうえ、現在20チーム中8位に付けていることは見事の一言である。

アビスパ福岡の歴史を振り返り、この残留がどれほどの出来事なのか、またこの飛躍の要因は何なのか、ここに記す。

アビスパ福岡、悲願のJ1残留とその要因

2000年の躍進。それ以降の長い苦しみ

遡ること21年前。西暦2000年、皆さんは何をしていただろうか。今とはまるで違う仕事をしていた?覚えてもいない?はたまた生まれてもいなかった?昔、と言って違和感のないその年。J1で戦っていたアビスパ福岡はネストール・オマール・ピッコリ監督のもと躍進。セカンドステージで6位に入り、優勝争いにも絡んだ。

当時のJ1リーグでは、鹿島アントラーズジュビロ磐田が2強と言われていた。その2クラブに対しても、前者とは引き分け、後者には勝利。「闘う」姿勢を前面に押し出した当時のチームを、その勇姿を覚えているアビスパサポーターも多いだろう。このシーズンは無論J1残留を果たし、サポーターは更なる高みを期待した。だがこれは、次なるJ1残留に向けての長い長い戦いの始まりでもあった。

元韓国代表の盧廷潤、松原良香らを獲得して迎えた翌2001シーズン、期待に反し初のJ2降格を経験する。それ以降は昇格と降格を繰り返してきた。2005、2010、2015、そして昨シーズンと4度J1に昇格し、2006、2011、2016シーズンと過去3度は全て1シーズンでJ2に降格。4年かけて昇格し1年で降格するという、通称5年周期とも言われる流れの中で、さらなる追い討ちがサポーターを襲った。


この記事の画像

「アビスパ福岡、悲願のJ1残留とその要因」の画像1 「アビスパ福岡、悲願のJ1残留とその要因」の画像2 「アビスパ福岡、悲願のJ1残留とその要因」の画像3 「アビスパ福岡、悲願のJ1残留とその要因」の画像4
「アビスパ福岡、悲願のJ1残留とその要因」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「アビスパ福岡」に関する記事

「アビスパ福岡」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「アビスパ福岡」の記事

次に読みたい「アビスパ福岡」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク