「一体感がない」反町康治の檄に無反応…日本サッカー協会公式動画に批判殺到

「一体感がない」反町康治の檄に無反応…日本サッカー協会公式動画に批判殺到
拡大する(全1枚)

 日本代表は12日、FIFAワールドカップ・カタール大会のアジア最終予選・オーストラリア戦に臨む。代表チームが国内でオーストラリア戦に向けた準備を行う中、公益財団法人日本サッカー協会(JFA)の技術委員長を務める反町康治氏の発言や選手たちの反応が議論の対象となっている。

 日本代表は2018年のFIFAワールドカップ・ロシア大会をベスト16で終えると、西野朗氏の後任として森保一氏が代表監督に就任。JFAは2022年に控えるカタールW杯でのベスト8入りを最大目標としてこれまで代表活動を行っている。また、森保一監督は東京五輪男子サッカー競技終了後、『DAZN』の制作番組に出演した際にもカタールW杯でのベスト8入りを目指す中でアジア最終予選に臨むことを明かしていた。

 しかし、先月に開幕したカタールW杯アジア最終予選では初戦でオマーン相手に0-1と敗れると、中国戦でも1-0と勝利したものの得点力不足を露呈。さらに今月8日に行われたサウジアラビア戦でも決定力を欠くと、71分にレガネスのMF柴崎岳(29)のミスから先制ゴールを献上し、0-1で敗れている。

 これにより、日本代表は3試合を終えて1勝2敗と勝ち点3の獲得にとどまっており、3戦全勝のオーストラリアやサウジアラビアからすでに6ポイント差をつけられている。くわえて、12日開催のオーストラリア戦で引き分け以下に終わった場合には森保一監督を解任する可能性があるという。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク