本田圭佑が加入後初めて前半で交代…2戦連続ドローでリーグ優勝へ足踏み

本田圭佑が加入後初めて前半で交代…2戦連続ドローでリーグ優勝へ足踏み
拡大する(全1枚)

 元日本代表MF本田圭佑(35)を擁するFKスドゥーバは15日、Aリーガ(リトアニア1部)第32節・FKトラカイ戦でもドローという結果に終わった。

 FKスドゥーバは前半、攻撃でチャンスをなかなか作れない中、FKトラカイに2つの決定機を作られるものの、0-0で終える。しかし、53分にコーナーキックの場面で相手ディフェンダーとの競り合いでひとり選手が倒されてPKを獲得。これをMFニコラス・ゴロブソフ(31)がゴールマウス右隅に決めて、FKスドゥーバが先制する。

 FKスドゥーバが1点リードを奪った後もお互いにチャンスを作っていたが、76分にFKスドゥーバのディフェンダーがFKスドゥーバFKトラカイの選手をペナルティエリア内で倒し、PKを献上。これをリトアニア代表FWミンダウガス・グリガラビチウス(29)に決められ同点に追いつかれる。

 FKスドゥーバは終盤にかけて攻勢を強めて多くのチャンスを作ったが、勝ち越しゴールを奪えず、試合は1-1のまま終了。リーグ優勝を目指す中、2試合連続でドローという結果に終わり、暫定ながら2位のジャルギリスに4ポイント差まで詰められている。

 なお、本田圭佑は前節につづいてこの試合でも先発出場したが、ハーフタイムで交代となっている。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

本田圭佑のプロフィールを見る
FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「本田圭佑」に関する記事

「本田圭佑」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「本田圭佑」の記事

次に読みたい「本田圭佑」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク