「キョウゴではなく…」2桁ゴール古橋亨梧の起用法を現地紙指摘「サポーターは分かっている」

「キョウゴではなく…」2桁ゴール古橋亨梧の起用法を現地紙指摘「サポーターは分かっている」
拡大する(全1枚)

 セルティックに所属する日本代表FW古橋亨梧(26)は27日、スコティッシュ・プレミアシップ(スコットランド1部)第11節・ハイバーニアン戦でゴールを決め、チームの勝利に貢献した。その中、スコットランドの現地紙『グラスゴータイムズ』は同選手のポジションについて触れた記事を掲載している。

 古橋亨梧はこれまで主に3トップの中央で先発出場していたが、23日開催の第10節・セント・ジョンストン戦では右ウイングのポジションで起用されていた。しかし、ハイバーニアン戦では再び中央で先発出場。セルティックが前半から主導権を握る展開の中、2-0で迎えた30分、右サイドからのFWジョタ(22)の折り返しに古橋亨梧は右足で流し込み、チームに追加点をもたらしている。また、セルティックは前半に1点を返されたものの、後半は無失点に抑えて3-1と勝利を飾った。

 今季早くも10ゴール目をマークした古橋亨梧には、多くのサポーターから労いや称賛の言葉が届いている。その中、『グラスゴータイムズ』は「キョウゴがセンターフォワードとしての機能を発揮していることは間違いない。アンジェ・ポステコグルーが今後直面するであろう問題は、キョウゴではなくギオルゴス・ギアクマキスをサイドに配することだ。セルティックのサポーターは、彼らの新しいカルトヒーローをどこに配置したいか分かっている。それは決してサイドではない」と古橋亨梧のスタートポジションについて見解を示している。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク