バルセロナ監督就任濃厚のシャビ氏、バイエルンFWの獲得を希望?

バルセロナ監督就任濃厚のシャビ氏、バイエルンFWの獲得を希望?
拡大する(全1枚)

 バルセロナがバイエルン・ミュンヘンに所属するフランス代表FWキングスレー・コマンの獲得に動く可能性があるようだ。スペイン『スポルト』が伝えた。

 成績不振により27日にロナルド・クーマン前監督を解任したバルセロナ。Bチームのセルジ・バルフアン監督が暫定監督に就任したが、正式な後任監督はクラブOBでアル・サッドを指揮するシャビ・エルナンデス氏が有力とみられている。

 そうしたなか、[4-3-3]のシステムを採用したいと考えているシャビ氏は、中央でプレーするだけでなく、サイドで仕掛けられる生粋のウイング獲得を望んでおり、コマンを高く評価しているという。その一方で、フランス代表FWとバイエルンの現行契約は2023年夏までとなっているものの、契約延長交渉は難航しているようだ。

 2017年夏にユベントスからバイエルンに加わったコマン。圧倒的なスピードを武器に加入初年度からクラブのタイトル獲得に貢献していたが、ユリアン・ナーゲルスマン監督が就任した今季はブンデスリーガでスタメン出場がなく、出番を減らしている。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク