名古屋、シャビエル退団が決定的に!契約延長オファー拒否と母国メディア報道

名古屋、シャビエル退団が決定的に!契約延長オファー拒否と母国メディア報道
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J1リーグの名古屋グランパスに所属するブラジル人MFガブリエル・シャビエル(28)は、今季限りで退団することがほぼ確実となったようだ。3日、ブラジルメディア『REVISTA COLORADA』が伝えている。

 シャビエルは2013年にポルトゥゲーザでプロデビューすると、クルゼイロ、スポルチ、ECヴィトーリアと渡り歩いて2017年7月にクルゼイロから名古屋グランパスへ期限付き移籍により加入。名古屋グランパスでは移籍1年目にJ2リーグ16試合に出場して7ゴールをあげるなどJ1リーグ復帰に大きく貢献。ただ、今季はここまでJ1リーグでわずか10試合の先発出場にとどまっていたほか、YBCルヴァンカップ決勝・セレッソ大阪戦でも出番がなかった。

 『REVISTA COLORADA』の報道によると、両者の現行契約が今季終了後に満了を迎える中、名古屋グランパスが契約延長のオファーを提示。しかし、選手サイドはこれを拒否したことから、今冬移籍がほぼ確実であるという。

 また、同選手の移籍先候補について具体的なクラブ名が現時点で明らかになっていないものの、ブラジル国内でのプレーを視野に入れているとのことだ。

 なお。シャビエルの去就を巡っては、今年3月にカンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)のクルゼイロが再獲得に動いていたものの、クルゼイロが財政難であるため代理人との交渉が破談に終わったと伝えられていた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「名古屋グランパス」に関する記事

「名古屋グランパス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「名古屋グランパス」の記事

次に読みたい「名古屋グランパス」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク