「やっぱり違うなと」古橋亨梧が神戸とセルティックのプレーで感じたこととは…

「やっぱり違うなと」古橋亨梧が神戸とセルティックのプレーで感じたこととは…
拡大する(全1枚)

 セルティックに所属する日本代表FW古橋亨梧(26)が、Jリーグとスコティッシュ・プレミアシップ(スコットランド1部)の違いについて自身の見解を示した。10日、クラブ公式サイトが同選手のコメントを伝えている。

 古橋亨梧は今夏に明治安田生命J1リーグのヴィッセル神戸からセルティックへ完全移籍。7月31日に行われた今季のスコティッシュ・プレミアシップ開幕節・ハーツ戦でデビューすると、8月8日開催の第2節・ダンディー・ユナイテッド戦でハットトリックを達成するなどゴールを量産。今月7日開催の第13節・ダンディー・ユナイテッド戦でも2ゴールをあげてチームの勝利に貢献している。

 そんな古橋亨梧は、セルティック公式ツイッターアカウント日本語版における「キョーゴに質問」と題した企画で、ヴィッセル神戸サポーターのファンからJリーグとスコティッシュ・プレミアシップの違いを聞かれると「Jリーグも本当にレベルが高くてすごく良いリーグだと思いますし、こっちに来てフィジカルやテンポがやっぱり違うなと思いました。試合に行くスタジアムの雰囲気は(Jリーグとは)全然違うので、そこが差かなって思いますね」と回答。スコティッシュ・プレミアシップでより求められる要素を明かした。

 なお、同選手のパフォーマンスについては、アイルランド出身の元選手であり、現在セルティックFCアメリカのオーナーを務めるブレンダン・キーズ氏が、先月末のイギリスメディアのインタビューで「彼がフィジカル面で優れた選手でないのは明らかだ。スコットランドのフットボールでは蹴られたりすることが多いし、負傷離脱を繰り返す可能性を心配している。ただ、彼がこの調子を維持できれば、今シーズン20~25ゴールはとれるだろう」と語っている。

 今年9月にFIFAワールドカップ・カタール大会アジア最終予選・中国戦で負傷したことにより、3週間ほど戦列を離れていた古橋亨梧は、好調を維持する中で自身のコンディション調整に努めているはずだ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク