「あんなに時間をかけて…」伊東純也のノーゴールに家本政明審判員も反応!「最終判定は尊重」

「あんなに時間をかけて…」伊東純也のノーゴールに家本政明審判員も反応!「最終判定は尊重」
拡大する(全1枚)

 日本代表は11日、FIFAワールドカップ・カタール大会アジア最終予選のベトナム戦で1-0と勝利した。この試合では、FW伊東純也(28)のノーゴール判定が大きな話題となっているが、プロフェッショナルレフェリーであり、Jリーグ審判員の家本政明氏がこのシーンに言及した。

 日本代表は敵地ハノイで行われた一戦で、前半17分に伊東純也のゴールで先制。追加点を狙う姿勢を打ち出すと、41分に自陣からのロングカウンターを発動。左サイドの広大なスペースに流れた伊東純也がボールを拾うと、持ち前のスピードを武器にそのまま一気にペナルティエリア内に侵入。右足での切り返しで相手DFの逆を突くと、そのまま右足からシュートを放ち、ゴールマウスのニアサイドを豪快に突き刺していた。

 しかし、伊東純也がシュートを放った際にMF田中碧(23)が関わった可能性があるとして、モハンメド・アブドゥラ・ハッサン主審はOFR(オン・フィールド・レビュー)によりピッチサイドのモニターで該当シーンを確認。結局、田中碧のオフサイドをとり、ノーゴールで試合は再開された。

 オフサイドの判定は本来、VAR(ビデオアシスタントレフリー)のオンリーレビューで行われるものであることから、今回の判定には一部の日本のサッカーファンがSNSを通じて疑問の声を上げていた。

 その中、家本政明氏は試合終了後にSNSを更新。伊東純也のノーゴール判定について「VARが『ちゃんと』仕事するとああなってしまう。現場の審判員は得点を認め、入れられた側も大きな不満や混乱もなかったことを考えると、VARはあんなに時間をかけて主審に映像を確認させない方が妥当だったと思う」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク