「移籍か…」川崎レアンドロ・ダミアンのツイート遠投にファン動揺!残留濃厚と報道も…
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J1リーグの川崎フロンターレに所属する元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアン(32)は、今月に入って契約延長に向かう可能性が伝えられている。その中、15日夜のダミアン本人によるツイート連投が、同選手の去就に関する様々な憶測を呼んでいる。

 ダミアンは川崎フロンターレとの契約が今季終了後に満了を迎える中、クラブから契約延長の打診を受けていると以前から伝えられていた。しかし、本人は8月に母国メディアのインタビューを受けた際、川崎フロンターレとの現行契約を全うすることや来季以降の去就について決断を下していないことを明かしている。

 また、同選手の代理人は川崎フロンターレとの契約延長を優先する意向を示していたが、ブラジルメディアはUAEやメジャーリーグサッカー(MLS)の複数クラブからオファーが届いていると報道。くわえて、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)のSCインテルナシオナルへ復帰する可能性が噂されていた。

 しかし、川崎フロンターレは今月3日開催のJ1リーグ第34節・浦和レッズ戦で引き分けたことにより、J1リーグ連覇を達成。すると、日本国内やブラジルの複数メディアは、ダミアンが契約延長オファーに応じる可能性が高いと伝えていた。

 その中、ダミアン本人は5日20時頃からおよそ30分間にわたり、J1連覇を果たしてシャーレを持つ自身の姿を捉えた写真やキャプテンの日本代表DF谷口彰悟(30)がシャーレを掲げる動画、さらには浦和レッズ戦で積極的にプレスを仕掛ける動画を立て続けに投稿。くわえてインスタグラムのストーリー機能でも何の前触れもなく、突如川崎フロンターレのユニフォームを身にまとった自身の姿をアップしている。

 これには、川崎フロンターレのサポーターから「ちょっと怖い…」、「移籍か…」、「思い出ツイートか」というコメントが寄せられているほか、「ダミアン残って!」、「来年もよろしくお願いします」と今冬残留を望む声も数多く上がっている。

 なお、ダミアンは3度にわたり立て続けにツイートをする前に、SCインテルナシオナル在籍時にメディアインタビューに応じる動画をリツイートしている。4か月以上間隔が空いた中でのSNS更新であるだけに、もしかしたら自身の去就に関して何らかの大きな出来事があったかもしれない。