神戸、フェルマーレンとの契約内容判明!母国復帰の噂も「日本でとても満足」と注目発言

神戸、フェルマーレンとの契約内容判明!母国復帰の噂も「日本でとても満足」と注目発言
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J1リーグのヴィッセル神戸に所属するベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン(36)は、来季以降の去就に対する自分自身の考えを明かした。16日、ベルギーメディア『VOETBAL』が伝えている。

 フェルマーレンはエールディビジ(オランダ1部)の名門アヤックスでプロキャリアをスタートさせると、アーセナル、バルセロナ、ローマでのプレーをへて、2019年7月にバルセロナからヴィッセル神戸へ完全移籍により加入。2019シーズンは天皇杯でラウンド16以降の全部4試合でフル出場し、クラブ史上初となるタイトル獲得に大きく貢献。昨季は負傷離脱の影響でリーグ戦14試合の出場にとどまったが、今季はここまでリーグ戦20試合試合で先発出場している。

 そんなフェルマーレンの去就について、『VOETBAL』は同選手とヴィッセル神戸の契約期間が来年1月までであるほか、ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)の強豪アンデルレヒトへ移籍する可能性を報じている。

 しかし、フェルマーレン本人は母国メディアのインタビューに対して「バンサン(・コンパニ)とは長い間話していなかった。僕は自分の将来についてとても柔軟な考えを持っている。私は、すでに袖が引っ張られている場合に、そのことを公にするような人間ではないし、そのようなことは内部でとどめておきたいね。だけど、すべてのシナリオを考慮に入れている。母国でプレーすることは、最も優先することではない」と母国復帰は既定路線ではないと主張している。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ヴィッセル神戸」に関する記事

「ヴィッセル神戸」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ヴィッセル神戸」の記事

次に読みたい「ヴィッセル神戸」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク