湘南オリベイラが23歳で急逝…古巣クラブが公式発表

湘南オリベイラが23歳で急逝…古巣クラブが公式発表
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J1リーグの湘南ベルマーレに所属するブラジル人MFオリベイラが23日、急逝した。同選手の古巣クラブであるカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)のアトレチコ・パラナエンセが公式発表している。

 オリベイラはコリチーバやアトレチコ・パラナエンセ、SCインテルナシオナルでのプレーをへて、2019年7月に九州サッカーリーグのJ.FC MIYAZAKI(現ヴェロスクロノス都農)へ加入。そして昨年1月に湘南ベルマーレへ完全移籍すると、昨年10月まで期限付き移籍によりFC大阪でプレーしていた。

 そして湘南ベルマーレに復帰して臨んだ今季は、J1リーグでわずか2試合の出場にとどまっていたが、YBCルヴァンカップでは8試合でピッチに立っていた。

 そんな中、アトレチコ・パラナエンセは同選手が心臓発作のため、23歳という若さで亡くなったとのこと。湘南ベルマーレはJ1残留を目指してリーグ戦残り2試合に挑む中、思わぬ形でチーム内の衝撃が走っている。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「湘南ベルマーレ」に関する記事

「湘南ベルマーレ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「湘南ベルマーレ」の記事

次に読みたい「湘南ベルマーレ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク