J2昇格消滅の富山、左伴繁雄社長が岩手戦直後の胸中明かす「詫びに行ってよかった」

J2昇格消滅の富山、左伴繁雄社長が岩手戦直後の胸中明かす「詫びに行ってよかった」
拡大する(全1枚)

 カターレ富山の左伴繁雄代表取締役社長は、今月28日開催の明治安田生命J3リーグ第27節・いわてグルージャ盛岡戦での敗戦によりJ2昇格の可能性が消滅したことを受けて、自身の思いを綴った。

 カターレ富山は東京五輪開催による中断期間までのリーグ戦15試合で勝ち点27を獲得するなど、シーズン中盤までJ3リーグ首位に立っていた。しかし、シーズン終盤の10月下旬からリーグ戦で3連敗を喫し、ロアッソ熊本やいわてグルージャ盛岡、ロアッソ熊本とのJ3優勝争いから後退。そしていわてグルージャ盛岡との直接対決で0-1と敗れたことにより、2位いわてグルージャ盛岡との勝ち点差が「7」に広がり、今季J2昇格の可能性が無くなった。

 その中、左伴繁雄氏はいわてグルージャ盛岡戦後にSNSを更新。「ゴール裏、詫びに行ってよかった。少し話させてもらったが、細かなことはオフに入ったらで。みんなの目が全然死んでなかったのがなにより嬉しかった。オレもこれからだから!遠路ありがとう!今言えることは…『最終戦、最高の試合をしよう!』」とコメントを残すと、サポーターから「最終節勝利で!」、「最後は笑って終わろう!」と最終節・鹿児島ユナイテッド戦にむけてのメッセージが届いている。

 また、カターレ富山は28日夜に「J2復帰消滅に際して」と題した声明を発表。左伴繁雄氏は「日頃よりカターレ富山をご支援いただき厚く御礼申し上げます。表題にあります通り、本日行われましたJ3リーグ第29節対いわてグルージャ盛岡戦終了時点で、今季でのJ2復帰の芽が絶たれたことを、ここに慎んでご報告を申し上げます」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「カターレ富山」に関する記事

「カターレ富山」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「カターレ富山」の記事

次に読みたい「カターレ富山」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク