名古屋で内紛か!?シュヴィルツォクが大森征之SD退任で意味深投稿

名古屋で内紛か!?シュヴィルツォクが大森征之SD退任で意味深投稿
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J1リーグの名古屋グランパスは今月24日、大森征之SD(スポーツダイレクター)が今季限りで退団することを公式発表している。その中、今年7月に加入していたポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォク(28)のSNS投稿が波紋を呼んでいる。

 大森征之氏は、2016年から強化担当として名古屋グランパスに復帰すると、2018年にはSD職に就任。マッシモ・フィッカデンティ監督の招へいやFW柿谷曜一朗(31)、DF吉田豊(31)、シュヴィルツォクら複数選手の獲得に尽力してきたが、契約満了により今季終了後にチームを離れることが決まっている。

 そんな大森征之氏は今月26日にインスタグラムを更新。名古屋グランパスの選手や監督、コーチングスタッフによる集合写真をアップするとともに「私 大森征之は、今シーズン終了をもちましてチームを離れることになりました。グランパスファミリーの皆さまには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」

 「ファミリーの皆さまから、チームに熱いご声援を送っていただいたおかげで、私自身スポーツダイレクターとして情熱・責任を持ち、最高のチームを作ることに努めてまいりました。ここに来てチームを離れる事をとても辛く感じております」

 「ACLでの躍進、新たにルヴァンカップのタイトルを獲得できたのも、ハードワークを惜しまず、常にチームファーストな選手・コーチングスタッフ・サポートスタッフの謙虚で献身的な協力があったからこそだと思っております。選手として11年・スポーツダイレクターとして6年の17年もの間、名古屋グランパスに在籍させていただき、皆さまと一緒に挑戦し続けられたことに心より感謝申し上げます」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「名古屋グランパス」に関する記事

「名古屋グランパス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「名古屋グランパス」の記事

次に読みたい「名古屋グランパス」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク