徳島、湘南戦でのヤジを謝罪!度重なるブーイング行為にも批判集中

徳島、湘南戦でのヤジを謝罪!度重なるブーイング行為にも批判集中
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J1リーグの徳島ヴォルティスは29日、「11月27日(土)の試合における事象に関するお詫び」と題した声明を発表した。

 徳島ヴォルティスは今月27日に敵地のレモンガススタジアム平塚で湘南ベルマーレと対戦し、1-0と勝利していた。しかし、試合後に行われた湘南ベルマーレの今季ホーム最終戦セレモニーで、山口智監督が今月23日に急死したオリベイラ選手について言及している最中、徳島ヴォルティスサポーターと思われる人物が「湘南、ありがとう!」と大声で叫んでいたことが物議を醸していた。

 これを受けて、徳島ヴォルティスの岸田一宏代表取締役社長は「このたび、11月27日(土)明治安田生命J1リーグ 第37節 湘南ベルマーレ戦(レモンガススタジアム平塚)において、湘南ベルマーレ様の厳粛なセレモニー中に、徳島ヴォルティスサポーターによる『Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン』に抵触するとともに、あまりにも敬意を欠いた不適切な発言がありました」

 「この事象により、スタジアムでセレモニーに参加されていた湘南ベルマーレのファン・サポーターの皆さま、株式会社湘南ベルマーレ様、関係者の皆さまをはじめ、湘南ベルマーレに関わる全ての皆さまに不快な思いをさせ、多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます」

 「本事象は、クラブとして見過ごすことの出来ない行為であり、現在、行為者の特定をおこなっております。特定された行為者に対しては、厳正な対応をおこないます。今後の状況については、対応を決定しだいご報告いたします。 改めまして、今回の事象により多くの皆さまに、多大なるご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と声明を発表。湘南ベルマーレのサポーターや関係者に対して謝罪するとともに、当該人物の特定を急ぐ方針を打ち出している。

 なお、徳島ヴォルティスの一部サポーターは、先月16日にニッパツ三ツ沢球技場で行われた第33節・横浜FC戦や、今月20日に味の素スタジアムで開催された第36節・FC東京戦でブーイングをするなど「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に違反する行為を繰り返している。それだけに今回のクラブによる当該人物に対する処分内容にはより一層注目が集まるはずだ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「徳島ヴォルティス」に関する記事

「徳島ヴォルティス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「徳島ヴォルティス」の記事

次に読みたい「徳島ヴォルティス」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク