千葉、サウダーニャの完全獲得でクラブ間合意!複数年契約締結へ

千葉、サウダーニャの完全獲得でクラブ間合意!複数年契約締結へ
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J2リーグのジェフユナイテッド市原・千葉は、今年1月にブラジル人FWマテウス・サウダーニャ(22)をレンタル移籍により獲得していたが、来季から完全移籍により加入することがほぼ確実となったようだ。29日、ブラジルメディア『O DIA』のジャーナリストが伝えている。

 サウダーニャは2020年にカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)のECバイーアでトップチーム昇格を果たすと、2020シーズンは先発出場こそなかったもののリーグ戦17試合で途中出場し2ゴールをマーク。そして今年1月には千葉へ1年レンタルにより加入。5月1日開催のJ2リーグ第11節・アルビレックス新潟戦でデビューすると、第12節・レノファ山口戦からリーグ戦13試合つづけて先発出場するなど、来日1年目から多くのチャンスを得ており、ここまで3ゴールをマークしている。

 そんなサウダーニャの取引において、千葉はバイーアに対してすでに50万レアル(約970万円)のレンタル料を支払っている。また、両クラブの取引においては、150万ドル(約1億7000万円)の買い取りオプションが設定されており、買い取りオプション行使の場合には千葉が50%の保有権を取得することになっている。

 ただ、千葉の首脳陣は買い取りオプション行使が可能となる設定金額がサウダーニャのパフォーマンスに見合っていないと考えている模様。同選手とバイーアの現行契約が来年6月に満了を迎えることも踏まえて、先月下旬に30万ドル(約3400万円)の一括払い、20万ドル(約2300万円)を来年中に支払うという条件で1度目のオファーを提示したものの、却下されたと今月3日にブラジルメディア『O DIA』が報じていた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ジェフユナイテッド千葉」に関する記事

「ジェフユナイテッド千葉」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジェフユナイテッド千葉」の記事

次に読みたい「ジェフユナイテッド千葉」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク