徳島バケンガが残留熱望!?インスタで決意語る「この美しいチームを再び…」

徳島バケンガが残留熱望!?インスタで決意語る「この美しいチームを再び…」
拡大する(全1枚)

 徳島ヴォルティスは4日、明治安田生命J1リーグ最終節・サンフレッチェ広島戦で2-4と敗れ、J2降格が決まった。その中、今年8月に徳島ヴォルティスへ加入した元ノルウェー代表FWムシャガ・バケンガ(29)が来季にむけての意気込みを語っている。

 バケンガはオッドBKの一員として、昨季につづいて今季もエリテセリエン(ノルウェー1部)で2桁ゴールをマークすると、今年8月6日に徳島ヴォルティスへの完全移籍が正式決定。ビザの関係もあり入国が遅れたが、9月上旬にチームに合流すると、9月18日開催の第29節・名古屋グランパス戦でデビュー。以降、J1リーグでは第36節・FC東京戦をのぞき全試合でピッチに立っていた。

 ただ、徳島ヴォルティスは8月中旬からおよそ1カ月間にわたりリーグ戦6連敗を喫するなど、シーズン後半に失速。湘南ベルマーレ清水エスパルスなどとJ1残留争いを繰り広げる中、第37節・湘南ベルマーレ戦で1-0と勝利していたが、サンフレッチェ広島戦で敗戦。1年でのJ2降格が決まっている。

 その中、バケンガは5日夜にインスタグラムを更新。徳島ヴォルティスのユニフォームを身にまとう自身の姿をアップするとともに「まず初めに皆様サポートありがとうございます! 愛情、ご支援、街中でサポーターの方々と出会った思い出はここに来た初日から素晴らしいものでありました」

 「残念ながら目標達成への手助けは出来ませんでした。物事がこのように終わってしまったことと自分の貢献度に関しては非常に大きな悲しみを感じています。怪我もあって先週はとても難しいものでしたが、オフの期間を使ってしっかりと治したいと思います。来シーズン強くなって戻ること、この美しいチームを再び上げるため年間通じてベストな自分でいることに対し誰よりも強い気持ちでいます」とサポーターにむけて日本語でメッセージを送っている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「徳島ヴォルティス」に関する記事

「徳島ヴォルティス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「徳島ヴォルティス」の記事

次に読みたい「徳島ヴォルティス」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク