J3最下位・讃岐が声明。トップスポンサーのロゴ不掲出の失態も…

J3最下位・讃岐が声明。トップスポンサーのロゴ不掲出の失態も…
拡大する(全1枚)

 カマタマーレ讃岐は6日、今季の明治安田生命J3リーグの全日程を終了したことをうけて「2021シーズンの戦いを終えて・代表からのご挨拶」と題した声明を発表した。

 カマタマーレ讃岐は今季、開幕から5連敗を喫した後、5月1日開催の第7節・アスルクラロ沼津戦で今季初勝利をマーク。その後も苦戦を強いられると、9月19日開催の第19節・アスルクラロ沼津戦を最後に勝利から見放されてシーズンを終了。28試合で勝ち点21、最下位という結果に終わった。

 その中、株式会社カマタマーレ讃岐の池内秀樹代表取締役社長は「日頃より、カマタマーレ讃岐を応援いたただきありがとうございます。12/5(日)、シーズン最終戦、アウェイでの福島ユナイテッドFCとの対戦を1-1の引分けで終えました。4勝9分15敗、勝点21、最終順位は15位、最下位となりました。苦しい戦いが続く中、最後までたくさんの皆様に応援いただきましたこと、心より感謝いたします。そして、みなさまのご期待を大きく裏切ってしまったこと、心よりお詫びいたします」

 「3年計画の2年目、昇格目標を掲げながらの最下位、このことをJ2からJ3へ降格した2018シーズン以上に厳しい事態であると受けとめております。選手、監督、コーチ、そしてフロントスタッフは、よりよい結果を求めて精一杯努力してくれました。これらをきちんとした結果に残せなかったのは、ひとえに経営トップの組織運営の稚拙さに原因があると考えております」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク