FC東京退団ジョアン・オマリを元同僚が絶賛!「3か国語喋れる超優秀で…」

FC東京退団ジョアン・オマリを元同僚が絶賛!「3か国語喋れる超優秀で…」
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J1リーグのFC東京は5日、レバノン代表DFジョアン・オマリ(33)が今季限りで退団することを公式発表している。そんなオマリに元チームメイトがSNSを通じて感謝のメッセージを送った。

 オマリは2018年8月にUAEアラブ首長国連邦のアル・ナスルからサガン鳥栖へ期限付き移籍。サガン鳥栖での期限付き移籍期間満了後はアル・ナスルに復帰したものの、2019年7月にヴィッセル神戸へ完全移籍により加入。昨年からFC東京でプレー。昨季終了後にはドイツメディアのインタビューで退団をほのめかしていたが、今年2月にFC東京と契約更新。ただ、今季もJ1リーグで20試合に出場とレギュラー定着には至らず、今月5日に退団が正式決定していた。

 その中、FC東京のGK児玉剛(33)が7日にSNSを更新。味の素スタジアムでオマリと2人で談笑する時の動画をアップするとともに「彼は3か国語喋れる超優秀で、めちゃくちゃフレンドリーな最高の友人でした!新しい価値観をくれたジョアン!ありがとう!!」と投稿。オマリと良好な関係を築いていたことを明かした上で、同選手に対する感謝の言葉を残した。

 なお、FC東京はすでに長谷川健太監督がシーズン途中で辞任しているほか、最終節・アビスパ福岡戦の翌日に森下申一監督の退任も公式発表している。来季タイトル獲得にむけて、選手やコーチ陣ともにメンバーの大幅な入れ替えが予想される中、児玉剛は戦友との別れに寂しさを感じていることだろう。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サガン鳥栖」に関する記事

「サガン鳥栖」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サガン鳥栖」の記事

次に読みたい「サガン鳥栖」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク