京都退団ヨルディ・バイスが“就職活動”開始!好プレー集に反響「どのクラブも欲しがる」

京都退団ヨルディ・バイスが“就職活動”開始!好プレー集に反響「どのクラブも欲しがる」
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J2リーグの京都サンガは2日、オランダ人DFヨルディ・バイス(32)が今季限りで退団することを公式発表した。そんなバイスはJリーグでのプレー続行にむけて意欲を見せているが、7日のSNS投稿が再び話題を呼んでいる。

 同選手は2007年にエールディビジ(オランダ1部)の名門・フェイエノールトでトップチームに昇格。デ・フラーフスハップ、NACブレダやヘーレンフェーン、Aリーグ(オーストラリア1部)のシドニーFCなどをへて、2018年夏にV・ファーレン長崎へ加入。2019シーズンは徳島ヴォルティスに在籍すると、昨年に京都サンガへ完全移籍していた。

 その京都サンガでは昨季、J2リーグで39試合に出場するなど守備陣の中心選手としてチームを支えると、曺貴裁新体制のもとで迎えた今季は開幕節から第40節・ファジアーノ岡山戦までの全試合でフル出場。クラブのJ1昇格に大きく貢献したが、契約満了により退団することが決まっていた。

 そんなバイスは今年10月にオランダメディアのインタビューで「(将来について)オランダに戻りたいね、もちろんNACやデ・フラーフスハップに戻れたら嬉しいし、あの素晴らしいサポーターのもとでまたプレーしたいよ。ただ、(僕が)どのクラブを選ぶかは、クラブが必要としている物によると思う」と母国復帰への思いを語っていた。

 しかし、退団発表翌日にSNSで「日本でプレイする私の旅路はまだ続くものと願っています」と投稿するなど、Jリーグでのプレー続行を望むコメントを投稿。京都サンガサポーターやJリーグファンからは驚きの声が上がっていた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「徳島ヴォルティス」に関する記事

「徳島ヴォルティス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「徳島ヴォルティス」の記事

次に読みたい「徳島ヴォルティス」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク