広島ハイネル、Jリーグでのプレー続行熱望「日本の環境に慣れたので…」残留の可能性は…

広島ハイネル、Jリーグでのプレー続行熱望「日本の環境に慣れたので…」残留の可能性は…
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J1リーグのサンフレッチェ広島に所属するブラジル人MFハイネル(31)は、今季限りで退団することがほぼ確実となっているようだ。7日、ブラジルメディア『UOL』が伝えている。

 同選手は2017年にポンチ・プレッタから川崎フロンターレに1年レンタルで加入したものの、公式戦19試合の出場にとどまりシーズン終了後にレンタル期間満了により退団。その後はブラジル国内クラブでプレーしていたが、2019年にトンベンセからサンフレッチェ広島へレンタル移籍により加入。昨季はJ1リーグで18試合の出場とレギュラー定着には至らなかったが、レンタル期間を来年1月まで延長していた。

 しかし、昨季終盤戦で右ひざを痛めていたこともあり、今季は開幕から出遅れると、4月10日の第9節・湘南ベルマーレ戦で今季J1リーグ初出場。ただ、その後はシーズン終盤にかけて出場機会を増やしており、リーグ戦で16試合に先発出場して今シーズンを終えていた。

 そんなハイネルは『UOL』の取材に対して「もしこのクラブにとどまるなら、日本で5シーズン目を迎えることになる。(日本の)環境やサッカースタイルには完ペキに慣れたので、この国でサッカーを続けたいとは思っているね。ただ、自分のプレーする場所に関係なく、素晴らしいシーズンを過ごせると思っているよ」と来季以降もJリーグの舞台でプレーしたいという自身の思いを明かしている。

 そして今シーズンを戦い終えた感想を聞かれると「確かにより良いシーズンを過ごすための条件は揃っていたね。このグループはクオリティが高いし、選手たちは広島のためにベストを尽くすことに集中していた。2022年、彼らが再び優勝を目指して戦えると僕は信じているよ」とコメント。サンフレッチェ広島の来シーズンに対する期待を口にしたものの、自身の去就について明確な言及を避けている。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サンフレッチェ広島」に関する記事

「サンフレッチェ広島」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サンフレッチェ広島」の記事

次に読みたい「サンフレッチェ広島」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク