2021シーズンで引退のJリーガーたち。感謝を込めて【第1弾】

2021シーズンで引退のJリーガーたち。感謝を込めて【第1弾】
拡大する(全6枚)

2021シーズン明治安田生命Jリーグの全日程が終了し、今季限りでの現役引退を選択した選手達が各クラブから発表されている。

ここではJ1、J2、J3リーグの各クラブから引退を表明した選手達を、感謝を込めて2回に分けて紹介していく。

2021シーズンで引退のJリーガーたち。感謝を込めて【第1弾】

阿部勇樹(J1:浦和レッズ

日本代表として53試合に出場した阿部勇樹。中でも2010FIFAワールドカップでは、岡田武史監督が本大会直前に採用した4-1-4-1システムのアンカーとして欠かせない存在になり、下馬評を覆しベスト16進出を果たした。その活躍が認められ、イングランド2部チャンピオンシップにいたレスター・シティへ移籍。約1年半でリーグ戦52試合に出場している。

Jリーグではジュニアユース、ユースを経てトップチームへ昇格したジェフユナイテッド市原(2005シーズンよりジェフユナイテッド千葉に呼称変更)で10シーズンプレー。16歳333日という当時のJ1最年少デビュー記録を持ち、2005・2006シーズンにはナビスコ杯(現・ルヴァン杯)2連覇。その後、2007年には国内最高額と言われる移籍金で浦和レッズへ移籍。2007シーズン、2016シーズンにJリーグベストイレブンに選出されるなど、2018シーズンまでレギュラーとして活躍した。最終的に、J1で590試合に出場している。

球際のタフさを持つ守備のユーティリティプレーヤーでフリーキックの精度も高いため、どの舞台でも重宝されてきた。Jリーグでの戦いは終わったが、浦和レッズでの戦いはまだ終わっていない。リカルド・ロドリゲス監督が語るように「阿部勇樹に天皇杯を」の思いを胸に、あと1試合。12月19日の天皇杯決勝戦(対大分)に挑む。


この記事の画像

「2021シーズンで引退のJリーガーたち。感謝を込めて【第1弾】」の画像1 「2021シーズンで引退のJリーガーたち。感謝を込めて【第1弾】」の画像2 「2021シーズンで引退のJリーガーたち。感謝を込めて【第1弾】」の画像3 「2021シーズンで引退のJリーガーたち。感謝を込めて【第1弾】」の画像4
「2021シーズンで引退のJリーガーたち。感謝を込めて【第1弾】」の画像5 「2021シーズンで引退のJリーガーたち。感謝を込めて【第1弾】」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「浦和レッズ」に関する記事

「浦和レッズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「浦和レッズ」の記事

次に読みたい「浦和レッズ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク