清水以外のJクラブも獲得狙っていた!?22歳ブラジル人FWへのオファーが明らかに
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J1リーグの清水エスパルスのみならず、他のJリーグクラブもスポルチ・レシフェに所属するブラジル人FWミカエル(22)の獲得に動いていたようだ。18日、ブラジルメディア『Bastidores do Sport』が伝えている。

 同選手はスポルチ・レシフェの下部組織在籍時に2度レンタル移籍した後、2020年10月にトップチームへ昇格。2020シーズンはリーグ戦で14試合に出場したほか、トップチームのデビュー戦でゴール。そして2021シーズンはリーグ戦で22試合に先発出場したほか、昨年11月には5試合でスタメン抜てきされると、4ゴール1アシストをマークしていた。

 しかし、スポルチは昨年11月28日開催の第35節・サンパウロ戦で敗れたことにより、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)への降格が決定。ブラジルの複数メディアは、以前からミカエルをはじめ複数選手の引き留めが難しいと伝えていた。

 そんなミカエルの去就について、代理人は昨年10月に日本と欧州のクラブからコンタクトがあったことや、すでに複数クラブのスカウト陣が公式戦の視察に訪れていることを明かしていた。くわえて、ポルトガルやアメリカ、それに韓国のクラブが同選手獲得に失敗したほか、昨年12月にはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)のアメリカ・ミネイロ、セアラーSCなどブラジル国内複数クラブからの関心が伝えられていた。