元日本代表・太田宏介が自宅に戻れず…豪州国内コロナの水際対策で犠牲に

元日本代表・太田宏介が自宅に戻れず…豪州国内コロナの水際対策で犠牲に
拡大する(全1枚)

 かつて明治安田生命J1リーグのFC東京名古屋グランパスなどに在籍していた元日本代表DF太田宏介(34)は、現在Aリーグ(オーストラリア1部)のパース・グローリーでプレーしている。そんな太田宏介は、オーストラリア国内の新型コロナウイルス関連政策に困惑しているようだ。

 同選手は2020年12月に名古屋グランパスからパース・グローリーへ完全移籍。加入1年目から左サイドバックでレギュラーに定着すると、2020/21シーズン終了後に2023年6月までの2年契約を新たに締結。昨年11月に開幕した今季もここまで全5試合で先発出場するなど、新型コロナウイルスに関する国内情勢の影響によりリーグ戦が数試合延期となる中でもレギュラーを張っている。

 太田宏介を擁するパース・グローリーは、今月19日にオーストラリア東部のクイーンズランド州に位置するブリズベンでブリスベン・ロアーと対戦。そのブリスベン・ロアー戦から中2日でシドニーFC戦を控える中、チーム一行はシドニーへ移動している。

 その中、マーク・マガウワン西オーストラリア州首相は20日に緊急会見を実施。オミクロン株の感染拡大をうけて、来月5日に予定されていた西オーストラリア州の州境、国境閉鎖解除を延期すると発表している。これにより、パース・グローリーの一行は西オーストラリア州のパースに戻ることが当面の間不可能となったのだ。

 これを受けて、太田宏介は21日にSNSを更新。「Nooooooooo!!!!!!!! 今シドニーに遠征中ですが、州境閉鎖解除延期により、自宅のあるパースに戻れなくなりました。11月からまともに家に帰れてませんが、家賃の支払いは忘れないように気をつけます。笑」と投稿している。

 なお、オーストラリアでは現在テニスの世界4大大会である全豪オープンが開催されているが、テニスの世界ランキング1位であるセルビア人のノバク・ジョコビッチ(34)がワクチン未接種を理由に国外退去となったことが波紋を呼んでいる。

 オーストラリアの行政は新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした水際対策で厳格な方針を崩していないが、その水際対策が国内でも様々な問題を引き起こしているようだ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「名古屋グランパス」に関する記事

「名古屋グランパス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「名古屋グランパス」の記事

次に読みたい「名古屋グランパス」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク