鈴木優磨退団で日本人幹部に激怒!STVV監督「また私より多くのことを…」

鈴木優磨退団で日本人幹部に激怒!STVV監督「また私より多くのことを…」
拡大する(全1枚)

 シント=トロイデンVV(STVV)を率いるベルント・ホラーバッハ監督は、主力のFW鈴木優磨(25)が明治安田生命J1リーグの鹿島アントラーズへ移籍したことをはじめ、日本人幹部による選手の編成に対して不満を抱いているようだ。21日、ベルギーメディア『VOETBAL』が伝えている。

 STVVは昨夏の移籍ウィンドウでサガン鳥栖から東京五輪U24日本代表FW林大地(24)を完全移籍で獲得したほか、ラ・リーガ(スペイン1部)のデポルティーボ・アラベスからFW原大智(22)をレンタル移籍で獲得するなど、攻撃陣を強化。しかし、昨季リーグ戦で17ゴールをあげた鈴木優磨の不振もあり、今季は序盤から決定力不足を露呈。ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)第22節終了時点で22ゴールとリーグで2番目に少ない数字となっている。

 その中、『VOETBAL』の報道によると、ホラーバッハ監督はさらなるストライカーの獲得を昨年からクラブ幹部に訴えていたとのこと。しかし、今冬の移籍ウィンドウでは鈴木優磨が鹿島アントラーズに復帰したほか、FW伊藤達哉(24)がドイツ3部のマクデブルクへ期限付き移籍。指揮官の意に反する形で、すでに前線の2選手を放出しているほか、現時点でストライカー獲得には踏み切っていない。

 また、STVVはセリエA(イタリア1部)のサッスオーロからセリエB(イタリア2部)のアレッサンドリアへレンタル移籍しているU21イタリア代表GKアレッサンドロ・ルッソ(20)の獲得に向かっていると報じられている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「鹿島アントラーズ」に関する記事

「鹿島アントラーズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「鹿島アントラーズ」の記事

次に読みたい「鹿島アントラーズ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク