若手獲得に積極的なレアル、ドルトムントMFに注目か。18歳ながら英代表に定着

若手獲得に積極的なレアル、ドルトムントMFに注目か。18歳ながら英代表に定着
拡大する(全1枚)

 レアル・マドリードが、ボルシア・ドルトムントに所属するイングランド代表MFジュード・ベリンガム(18)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。

 ブラジル代表FWビニシウス・ジュニオールやフランス代表MFエドゥアルド・カマビンガを筆頭に10代から活躍する選手を近年獲得しているレアル・マドリード。依然として、若手選手に目を光らせている今季のラ・リーガで首位を走るクラブは、18歳ながらイングランド代表に定着しているベリンガムに注目しているようだ。

 バーミンガム下部組織出身のベリンガムは2019年にトップチーム昇格を果たすと、2020年夏にドルトムントへ完全移籍。加入初年度からレギュラーの座を射止めると、今季もここまで公式戦28試合に出場して4ゴール10アシストの数字を残している。

 なお、レアル・マドリードはアヤックスでプレーするオランダ代表MFライアン・グラフェンベルフ(19)やバイエル・レバークーゼンに所属するドイツ代表MFフロリアン・ヴィルツ(18)、レスター・シティに所属するU-21フランス代表DFウェズレイ・フォファナにも関心を示しているとみられている。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク