元浦和レオナルド、韓国移籍が決定的に!Jリーグ復帰熱望を再三公言も…

元浦和レオナルド、韓国移籍が決定的に!Jリーグ復帰熱望を再三公言も…
拡大する(全1枚)

 かつて浦和レッズアルビレックス新潟ガイナーレ鳥取でプレーしていたブラジル人FWレオナルド(24)が、韓国国内のクラブに移籍するようだ。24日、韓国紙『スポーツソウル』が伝えている。

 同選手はガイナーレ鳥取、アルビレックス新潟で2桁ゴールをあげると2020年に浦和レッズへ加入。前線に必要不可欠な存在としてJ1リーグの舞台でも2桁得点をマークしていた。そして、昨年2月には浦和レッズから山東泰山へ完全移籍するものの、わずか半年で構想外となり、7月末に河北足球倶楽部へレンタルにより加入している。

 その河北では、リーグ戦中断を迎える8月中旬まで全6試合に出場。中断時期である今年9月に給与未払い問題を抱えていることが発覚し、外国籍選手をはじめ主力選手が公式戦でプレーを拒否したと伝えられていた。しかし、レオナルドは昨年12月12日のリーグ戦再開以降、8試合中6試合でフル出場。今月4日に中国スーパーリーグの全日程を終えた。

 そんなレオナルドは、昨年12月にプリメイラリーガ(ポルトガル1部)のポルティモネンセへ移籍する可能性が噂されていたが、本人はSNSでこれを否定。また、年明けにはブラジルメディア『iG Esporte』のインタビューで「いつかブラジルに戻りたいね。もし神様が許してくれるならば、今までプレーしたことのあるクラブでもう一度プレーして、そのクラブの偉大さを実感してみたいね」とコメント。再びJリーグ復帰に対する思いを明かしていた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「浦和レッズ」に関する記事

「浦和レッズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「浦和レッズ」の記事

次に読みたい「浦和レッズ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク