浦和指揮官リカルド「生で試合を見た」徳島監督就任の舞台裏激白!日本文化感じた場面も…

浦和指揮官リカルド「生で試合を見た」徳島監督就任の舞台裏激白!日本文化感じた場面も…
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J1リーグの浦和レッズを率いるリカルド・ロドリゲス監督は、2020シーズンまで徳島ヴォルティスで指揮を執っていた。そんなリカルド氏がイギリスメディア『THE COACHES VOICE』スペイン語版のインタビューで徳島ヴォルティスの指揮官に就任するまでの過程を明かしている。

 リカルド氏はU17サウジアラビア代表やジローナFCを率いた後、2014年1月に当時タイ1部に所属していたラーチャブリーFCの監督に就任。バンコク・グラスFC(現BGパトゥム・ユナイテッドFC)やスパンブリーFCでも指揮を執ると、2016年6月末からの無所属期間をへて徳島ヴォルティスに招へいされている。

 そんなリカルド氏は、2021シーズン終了後に『THE COACHES VOICE』の取材に対応。Jリーグの舞台で仕事をするようになった背景を聞かれると「タイ国内で3年間監督を務めた後、2016年のなかばに自分の仕事に関するプレゼンテーションを作るために代理人と打ち合わせを行った。そのプレゼンテーションはおもに日本市場をターゲットにしていたんだ」

 「プレゼンテーション(の内容)には、私のアイデアを盛り込みたかった。ポジショナルプレーを基本として積極的にプレスを仕掛けることや、若い選手たちと一緒に仕事をすることとかね。要するに、もし自分がチームを持ったらどんなサッカーをするかということを、できる限り説明したかったのさ」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「浦和レッズ」に関する記事

「浦和レッズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「浦和レッズ」の記事

次に読みたい「浦和レッズ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク