日本代表VS中国代表レビュー&採点。危なげなく勝利するも…

日本代表VS中国代表レビュー&採点。危なげなく勝利するも…
拡大する(全2枚)

サッカー日本代表が2022FIFAワールドカップ・カタール出場を果たすために非常に重要な、アジア最終予選のホーム2連戦(1月27日&2月1日)。その1戦目、中国代表との試合は想像以上に危なげのない試合となった。

監督交代を経た中国代表がチーム作りの真っ最中のような出来だったことも日本に味方し、2-0で勝利。首位を走るサウジアラビア戦(2月1日)はこんな簡単な試合になるはずはなく、より強い日本代表が観られることを期待したい。

関連記事:日本代表、オマーン戦レビュー&採点。三笘薫、鮮烈デビュー

スターティングメンバー、試合内容

システムは4-3-3。

GKは権田修一清水エスパルス)。DFは右から酒井宏樹浦和レッズ)、板倉滉(シャルケ04)、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、長友佑都FC東京)。吉田麻也と冨安健洋が欠場し不安視されたCBには、板倉と谷口という最終予選初出場コンビが名を連ねている。MFはアンカーの位置に遠藤航(シュツットガルト)、少し前の位置に守田英正(サンタクララ)と田中碧(デュッセルドルフ)。3トップは右に伊東純也(ゲンク)、左に南野拓実(リバプール)、中央に大迫勇也ヴィッセル神戸)が入った。

開始直後は中国が積極的に圧力をかけてきたが、日本が冷静にいなすと徐々に日本ペースに。中盤が積極的に縦パスを引き出しリズムを作ると前半11分、伊東が抜け出しクロスを送るとこれが相手の手に当たり、PKを獲得。大迫のキックにGKは反応していたもののネットを揺らし、日本が早い時間帯での先制に成功した。


この記事の画像

「日本代表VS中国代表レビュー&採点。危なげなく勝利するも…」の画像1 「日本代表VS中国代表レビュー&採点。危なげなく勝利するも…」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク