マンC、ユベントスと契約延長難航のディバラ獲得を検討か。年俸13億円を用意

マンC、ユベントスと契約延長難航のディバラ獲得を検討か。年俸13億円を用意
拡大する(全1枚)

 マンチェスター・シティがユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)の獲得を画策しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。

 2015年夏にパレルモからユベントスに加入以降、セリエA制覇やコッパ・イタリアなど複数タイトル獲得に寄与してきたディバラ。現行契約は今季限りまでとなっており、年俸1000万ユーロ(約13億円)の4年契約で延長間近と以前は報じられていたが、現在はユベントスとの交渉は難航しているとみられている。

 そんなディバラは2月にユベントスと契約延長に向けた交渉を行うというが、ジョゼップ・グアルディオラ監督が獲得を熱望するシティは、年俸1000万ユーロを用意しているという。この金額は他クラブが準備している年俸よりも高額なようだ。

 なお、ディバラには同じセリエAのスクデットを争うインテルや日本代表MF南野拓実が在籍するリバプール、過去にも移籍の可能性が取り沙汰されたトッテナム・ホットスパーも目を光らせているとのこと。今季もここまでセリエA17試合に出場して7ゴールをマークする活躍を披露しているが、今季限りでユベントスを離れるのだろうか。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「マンチェスター・シティ」に関する記事

「マンチェスター・シティ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マンチェスター・シティ」の記事

次に読みたい「マンチェスター・シティ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク