なぜ人には「競争」が必要なのか。W杯最終予選サウジ戦に思うこと
拡大する(全2枚)

2022FIFAワールドカップ・カタール、アジア最終予選。サッカー日本代表は2月1日、グループ(B)首位かつこの試合に勝つとワールドカップ出場が決まるサウジアラビアをホームに迎えた大一番で真価を発揮した。

最終予選3次ラウンドのアウェイ戦(2021年10月8日)で敗れている相手に対し、この度の日本は相手シュート2本に抑え、攻めては縦に速い攻撃で陣形が整う前にゴール前にボールを運ぶ。中でも右サイドの伊東純也は出色の出来。1点目はサイドを突破しクロスでアシスト、2点目は右足を振り抜いて自ら決めてみせた。結果は2-0。その他の選手も全員が対面の選手に負けまいとハードに戦い、久しぶりにスカッとするような勝利となった。

選手達は毎試合全力を尽くしているのだが、これまでの勝っても負けてもすっきりしなかった試合とはなにが違うのか。左サイドの連携面など戦術の微調整もみられたが、一番大きなポイントは「闘志を前面に出せているか否か」ではないだろうか。かつての中山雅史、川口能活田中マルクス闘莉王岡崎慎司。決してずば抜けた技術があったわけではない彼らが、サポーターの胸を熱くし愛された理由はそこにある。だが実は、人々を夢中にさせるこの要因を養う機会は、徐々に減りつつある。

気がかりな「競争」機会の減少

現在日本の教育現場には学校生活を中心に「競争は良くない」という考え方が存在する。運動会ではかけっこで順位付けをしなかったり、そもそも個人で行う競技を避けることもあるようだ。


この記事の画像

「なぜ人には「競争」が必要なのか。W杯最終予選サウジ戦に思うこと」の画像1 「なぜ人には「競争」が必要なのか。W杯最終予選サウジ戦に思うこと」の画像2