2022過去最大の争いになること必至。J3要注目8クラブの現状
拡大する(全3枚)

近年、明治安田生命J3リーグの昇格争いが激化している。2014年に新たに生まれたJ3リーグは、当初11クラブでスタート。うち1つは特別参加枠の「Jリーグ・アンダー22選抜」だった。2016年からはFC東京ガンバ大阪セレッソ大阪のU-23チームが参戦するなど、クラブによってこのリーグの位置付けは異なっていた。2020年まででU-23チームの参加は終了した。

3月12日に開幕する今2022シーズンのJ3リーグは、J2リーグから降格した4クラブ(愛媛、相模原、北九州、松本)とJFL(日本フットボールリーグ・実質4部相当)から昇格した1クラブ(いわきFC)を加え、過去最多の18クラブで争われる。現時点ではJFLへの降格はないとはいえ、間違いなくこれまでで1番厳しいものとなるに違いない。

ここでは激化するJ3リーグの昇格戦線、上位争いがどのようなものになるのか考察する。

2022過去最大の争いになること必至。J3要注目8クラブの現状

大型補強を行った岐阜

2022シーズンに向け、現時点で最も注目されているクラブは間違いなくFC岐阜(昨年6位)だろう。

元日本代表の田中順也、宇賀神友弥を筆頭に、菊池大介、庄司悦大、岡村和哉、藤岡浩介といった実績豊富な選手を獲得。昨年のJ3得点王の川西翔太こそカターレ富山に移籍したものの、得点ランキング2位の藤岡浩介と田中順也を加えるなど手当てが非常に素早く、J3リーグとは思えないほどの大型補強となった。また外国籍選手もへニキ、フレイレと昨年J2リーグでプレーしていた選手を獲得。来日に支障がなく、いずれもJ2以上のリーグでの実績が豊富なため計算が立つ。


この記事の画像

「2022過去最大の争いになること必至。J3要注目8クラブの現状」の画像1 「2022過去最大の争いになること必至。J3要注目8クラブの現状」の画像2 「2022過去最大の争いになること必至。J3要注目8クラブの現状」の画像3