「パリ五輪世代」U-21日本代表候補の中で絶対に覚えておくべき8名
拡大する(全4枚)

日本サッカー協会(JFA)は3日、U-21日本代表候補としてトレーニングキャンプに参加するメンバーを発表した。2024年に開催されるパリオリンピックを目指すU-21日本代表。大岩剛監督が就任して初のトレーニングキャンプとなる。3月7日から9日にかけてトレーニングを重ね、最終日には「高円宮記念JFA夢フィールド」で横浜F・マリノスとの練習試合を予定している。

ここでは、そんなU-21日本代表候補のメンバーからJリーグで出場機会を掴んでいる8名をピックアップ。いずれも将来の日本代表を担う可能性を十分に持つ選手たちだ。

半田陸(J2・モンテディオ山形

モンテディオ山形ユースが生んだ最高傑作が、着実に成長を続けている。プロ2年目の2020年はセンターバックとしてプレーしていた半田陸は、昨年右サイドバックとして定位置を確保。推進力やスピードをいかして3得点6アシストを記録し、今季も開幕節のザスパクサツ群馬戦、第2節のロアッソ熊本戦とともに90分出場している。

ゴール前まで絡んでいく積極性はチームの武器となっており、守備面の成長を続ければ冨安健洋(アーセナル・イングランド)のようなプレーヤーになり得る選手だ。

「パリ五輪世代」U-21日本代表候補の中で絶対に覚えておくべき8名

木村誠二(J2・モンテディオ山形)

ここでピックアップした8選手の中で、Jリーグのサポーターからの知名度は最も低いかもしれない木村誠二。しかし各年代別日本代表に選出され、Jリーグでも地道にキャリアを積んできた実績十分なプレーヤーだ。


この記事の画像

「「パリ五輪世代」U-21日本代表候補の中で絶対に覚えておくべき8名」の画像1 「「パリ五輪世代」U-21日本代表候補の中で絶対に覚えておくべき8名」の画像2 「「パリ五輪世代」U-21日本代表候補の中で絶対に覚えておくべき8名」の画像3 「「パリ五輪世代」U-21日本代表候補の中で絶対に覚えておくべき8名」の画像4