歴代日本代表、W杯出場を決定づけるゴールを挙げた選手たち
拡大する(全4枚)

佳境を迎えている2022FIFAワールドカップ・カタール(カタールW杯)のアジア最終予選。日本代表は現在グループ2位と予選突破圏内につけるが、余談を許さない状況が続いている。残る2試合(3月24日オーストラリア戦、29日ベトナム戦)の結果次第で、本大会への出場如何が決まる。

自国開催だった2002年大会を除き、過去5大会のW杯予選も決して簡単だったわけではない。それだけに、出場が決まった試合でゴールを決めた選手は一躍「時の人」となる。この記事では、そんなW杯過去5大会の最終予選において、日本代表を本大会へ導くゴールを決めた選手たちをまとめてみよう。

1998年W杯フランス大会出場

決定ゴール:岡野雅行

日本代表の記念すべきW杯初出場となった1998年のフランス大会。最終予選で最後のゴールを決めたのは、それまで出場機会がなかった岡野雅行だった。アジアの第3代表決定戦として挑んだイラン戦(1997年11月16日)。岡野はゴールデンゴール(サドンデス)方式となる延長戦から、最終予選で初めてのチャンスを掴んだ。

ヒーローとなる瞬間までは過酷なものとなる。日本代表は中田英寿を中心に、延長戦でも多くのチャンスを演出。しかし、決定的なシーンでのシュートミスやパスの選択をする岡野に対して、当時の指揮官、岡田武史監督が頭を抱えるシーンもあった。そんな中、中田がエリア外から打ったシュートのこぼれ球を岡野が押し込み、歓喜の瞬間を迎えた。


この記事の画像

「歴代日本代表、W杯出場を決定づけるゴールを挙げた選手たち」の画像1 「歴代日本代表、W杯出場を決定づけるゴールを挙げた選手たち」の画像2 「歴代日本代表、W杯出場を決定づけるゴールを挙げた選手たち」の画像3 「歴代日本代表、W杯出場を決定づけるゴールを挙げた選手たち」の画像4